方針と園長の思い 園紹介 食育 エキスパート指導 年間行事
0,1歳児保育 2歳児保育 3歳児保育 4歳児保育 5歳児保育
職員紹介 園バス 入園の流れ 子育て支援 Q&A リンク

ホーム>>食育

   

 他の生き物の「命を分けていただきます」
 たくさんの人の「労力がかけられたものをいただきます」
 と、いうように感謝の気持ちを込めたものです。

給食

旬の食材を使い、だし(昆布、カツオ、干ししいたけ)をきかせて薄味でもち味を生かすことを大切にしています。
みんなが同じものを食べて、おいしさを共感することで、
「いろいろなものを食べる力」につながります。

アレルギー食

医師からの診断書によりまして、家庭での話も聞いて、
除去食、代替食を、個別に対応しています。

お弁当

週一回の愛情がたっぷり詰った手作り弁当を、子どもたちは楽しみにしています。子どもの心の栄養剤になります。
園外に行ったり、ホールで食べたり…楽しい時間です。

手づくりおやつ

まかろにきなこ(4人分)

 
(材料)
マカロニ:30g きな粉・砂糖・塩:適量

(作りかた)
@ マカロニをゆで、やわらかくなったら、ザルにあげる。
A きな粉・砂糖・塩を混ぜ合わせる。
B @にAをまぶす。

 

じゃがいももち(4人分)

 
(材料)
じゃが芋:200g 油:少々 片栗粉:40g(大さじ4)
しょうゆ・砂糖:適量 塩:少々

(作りかた)
@ じゃが芋は洗って皮をむき、適当な大きさに切って
  ゆでる。
  (デンプンがにげるので、水にはさらさない)
A 水分を除き、熱いうちによく潰す。
B Aに片栗粉を入れて全体をよく混ぜ、油を少し加えて、
  さらによく混ぜる。塩を少々入れて混ぜる。
C Bを小判型にまるめる。
D オーブントースターで、焼き目がつくまで焼く。
E しょうゆ・砂糖を小なべに入れて火にかけて、好みのタレをつくる。
F DにEのタレをぬって、出来上がり!!

 

クレープ(8〜10枚分)

 
(材料)
ホットケーキミックス:50g 卵:1個 牛乳:150ml
溶かしバター:10g
(生クリーム・ジャム・フルーツなどはお好みで)

(作りかた)
@ ホットケーキミックスに卵、牛乳、溶かしバターを
  入れて混ぜる。
A ホットプレートに、お玉を使って丸く広げて焼く。フライ返しで
  裏返して、両面焼く。
  (ホットプレートに少し油をひいておくと、ひっつかない)
B Aにお好みで、生クリーム・ジャム・フルーツなどをのせて、
  出来上がり!!

クッキング保育

調理前と調理後の味や香りの変化を体験するたびに
子どもたちは、見た目の変化と相まってクッキングの不思議と楽しさに出会うことが出来ます。
みんなで協力して作ったおやつは、とっても美味しいです。
家庭で、お手伝いするきっかけになっています。

野菜づくり

園の菜園は、子どもたちの喜びと笑い声に満ちあふれています。
楽しみながら自分たちで育て、出来がよかったと歓喜し、
おもしろい形の野菜が出来たと笑い…
季節ならではの味わい(旬)を楽しむことで、命や自然のめぐみを感じます。(トマト、ナス、キュウリ、ゴーヤ、えんどう豆、シソ、ラズベリーなど)

子どもの気づき

年長児は、献立だよりを赤青黄の3つのグループに分けたことにより、
食材・栄養のバランスへの意識が高まってきました。

お芋掘りを通し、歩いて畑まで行ってお芋を掘り、
運んで持ち帰り、おやつを作ります。
全部を自分たちで体験することで、食べものが口に
入るまでの道のりを実感することが出来ます。

おいしそうなにおいに誘われて、
給食室の小さいガラスをのぞいて、
今日の給食なあに?と声かけてくれます。

↑このページのトップへ