方針と園長の思い 園紹介 食育 エキスパート指導 年間行事
0,1歳児保育 2歳児保育 3歳児保育 4歳児保育 5歳児保育
職員紹介 園バス 入園の流れ 子育て支援 Q&A リンク

ホーム>>エキスパート指導

器械体操

幼児での体操運動は、運動神経、反射神経、平衡感覚を鍛えると共に、積極的な挑戦心を向上させるのに効果を発揮します。幼児期でのとび箱、マット、鉄棒など器械での体操の経験は小学生、中学生へとなるにつれ非常に大きな力となっています。
<年中児、年長児 週1回>
 ジャンピングスクール株式会社

サッカー

チームスポーツの中でもサッカーは、チームの中での 役割の認識による社会性の発展と共に何より諦めずに努力する事の大切さを学びます。毎年11月と12月に大きな大会があり年長児が楽しみにしているイベントの1つです。
 ジャンピングスクール株式会社

スイミング教室

幼児期に水の面白さ、怖さ、両方を知る事により水に対しての恐怖心、また軽率な考えがなくなります。またこの時期に身体で覚えた水に対する経験は一生忘れないと言われています。年長児が13回の指導を受け、ゲームや遊びを取り入れながら水に慣れ、最後には一人で泳げるようになります。
 京都踏水会スイミングクラブ

剣道

剣道は集中力の鍛錬ができます。今の子達は多くの物に囲まれて育つため、自然集中力を養う機会が少ないです。竹刀の一振り一振りに気をこめて振るう事で集中力を身につけさせてあげたいと考えています。
五島 盈 先生(教士七段)<年長児 月2回>

お茶稽古

作法ではなく、きちんとお礼を言う、あいさつをする、感謝の心などを学びます。心穏やかな時間を過ごします。
また年に2回保護者の方々に来ていただくお茶会があります。(沙羅のお茶会・ひなのお茶会)
塔下 恭榮 先生(藪内流)<年長児 週1回>

絵画教室

子どもたちの創造力をのばすため、年令に応じた様々な画材を使い、毎回テーマに沿った絵を描いたり、絵具を混ぜて色づくりを楽しんだりしながら表現する喜びを味わっています。
木内 貴志 先生(成安造形大卒)
<年少児、年中児、年長児 各クラス月1回>

↑このページのトップへ